スポンサーリンク

ひらがな・フラッシュカード(無料ダウンロード)【Hiragana Frash cards Free DL】

外国人に日本語を教えるためにはいろいろな小道具が必要です。
その小道具の一つが「ひらがなフラッシュカード(FC)」です。

 

ひらがなのフラッシュカードは初回の授業からお世話になる重要教材です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリジナルひらがなフラッシュカード

既成のひらがなカードもありますが、やっぱり手作りしたいという先生。でも「授業の教案作りに必死でそんな時間なんてないわ!」という先生は、こちらのひらがなフラッシュカード(無料)をご利用ください。

 

印刷をするという手間がかかりますが、一度作ってしまえばあとは何十年も使うことができます。

私は自作のひらがな・フラッシュカードを15年以上使っていますが、小さい汚れがあるぐらいで全く問題なし。しかも、15年前の当時はカラー印刷の値段も高かったので、色鉛筆を使って夜なべで作った手作りカードです。涙)

 

ここでダウンロードできるひらがなはカードは、

・手に持ちやすい大きさ

・20人ぐらいの教室でも見やすい17cm角

にしました。

また、文字の色は東京オリンピックを記念し5輪色で母音別に分けましたよ。

 

ダウンロードはこちらから↓

 

印刷に使用する用紙について

印刷に使用する紙は、普通の印刷用紙が1番良いです。私の15年使用のカードも普通の印刷用紙です。

 

軽いので「あ」から「ん」まで全部のカードを手に持っても手が疲れることがありません。すばやくカードを切り、テンポ良くひらがなを練習することができます。出張レッスンなど持ち運びにも便利です。(厚手の紙でもよいですが、46枚全部を持ってカードを切っていたら腱鞘炎になるかも…)

 

フラッシュカード(PDF)の作り方&ダウンロード

1.文字1つにつき、A4サイズ1枚になります。全部で46枚です。印刷時の設定は「実際のサイズ」にします。

2.正方形、縦横17cm角になるように2箇所を切ります。

 

↓ 参考イメージ(PDFファイル、46ページ)

 

とっても経済的!インクがタンク式の複合機プリンター

1度作ってしまえば長く使えるひらがなカードですが、この1回の印刷にプリンターのインクをかなり使うことになります。46枚全部を印刷するのに、カートリッジがいくつ必要なのかは分かりませんが、安くないことは確かです。

 

そこで皆さんにおすすめしたいのは、インクがタンク式で、平均5000枚以上の印刷ができるインクジェットプリンターです。

 

うちは最近このタンク式に買い換え、気兼ねなく好きなだけ印刷しまくっています

買い換える前のカートリッジ式のプリンターは故障したわけではありません。スキャンもできるし、FAXも送れる便利な複合プリンターでした。でも、高いカートリッジをあっという間に消費してしまうという全く経済的ではないプリンター…もうおさらばです。

 

Canon インクジェットプリンター複合機 TS5030 BK ブラック
AMAZONで検索する

市販のひらがなフラッシュカード

ひらがなの練習は、市販のひらがなカードを使ってすることも可能です。

 

いろいろなカードが売られていますが、おすすめはくもんの「ひらがなカード」です。

カードの紙がしっかりしていて丈夫なので長持ちします。
また、字体も教科書体に近く、各カードの裏にはその文字に関連したイラストが描かれており、とてもかわいいカードです。

 

難点はといえば、少しサイズが小さいことが挙げられるでしょうか。20人ぐらいが入る教室の授業では後ろの座席から見にくいかもしれません。プライベートレッスンで使うには問題ありませんね。

あと、カードがしっかりしている分、ちょっと重いです。複数のカードを手に持ち、すばやく切って使うというには普段から手首の運動をしておく必要があります。

 

カタカナのフラッシュカードのダウンロードはこちらからどうぞ。

カタカナ・フラッシュカード(無料ダウンロード)【Katakana Frash cards Free DL】
...

コメント

  1. 教師の私にとても役に立つ教材です。ありがとうございます!
    フラッシュカードもダウンロードさせていただきました。

    • ありがとうございます。皆さんの役に立つ教材、教案もっとアップしていきます。