スポンサーリンク

条件を表す表現「と・たら・ば・なら」の違い【みん日・第35課】

第35課の教案とイラスト

「みんなの日本語」第35課では、条件を表す表現「~ば」&「~なら」が導入されます。

この課の最後に、これまでに学習した条件節、「~と」(第21課)、「~たら」(第25課)、「~ば」(第35課)の違いを確認しておきましょう。

優秀なクラスであれば、学生から必ず出る質問です。そんなとき「それはね~、…」「いい質問ですねー」と用意しておいた教材でさっと説明をする。これで、貴方も学生からさらにリスペクトされるはず…ただし、何も用意していない場合、そんな場合は学生から見下され、冷や汗をかき、寿命を縮めることに...あー恐ろしい。

 

条件節「と・たら・ば・なら」の違い

 

 

上の3つの例文は、「と・たら・ば」の特徴が分かりやすい例文です。

この条件を表す3つの表現を比較しながら、その違いを確認しておきましょう。

 

~と (第21課)

「~と」は、道案内や機械の使い方などを説明する場面でよく使われます。みんなの日本語・第21課で挙げられている例もほとんどこれらの場面設定になっています。仮定条件には使うことができず、「必ず起きる」ことに使います。

 

〇 良い例~と 第21課

 

× 悪い例~と 第21課

 

上の例の2文は何がダメなのか、皆さん分かりますか?

授業でもこの例文がどうしてダメなのか学生に考えてもらうと良いと思います。

 

第35課 条件形の違い

 

上の例文がダメな理由は、後件に意志を含む表現が使われているからです。

意志を含む表現:
「してください」「しなければなりません」「したほうがいいです」「したいです」「しませんか」「しましょうか」など

 

~たら (第25課)

1)クラスが終わったら、昼ごはんを食べます。

2)100万円あったら、何を買いたいですか。

⇒ 1)の例文は、前件で必ず起きる事柄(時間の前後関係)を述べ、後件でその前件の完了後に生じる事柄を述べています。また、2)の例文は、実際には起こらない仮定になります。

 

1)春になったら、お花見ができます。

2)春になったら、お花見をしましょう

⇒ 2)の例文を見てください。「~と」では非文になってしまう意志を含む表現が後件にきていますが、「~たら」では問題ありません。

 

 

~ば (第35課)

「~ば」にも使用に制限があります。

 

以下の例文は、「~と」と同様、後件が意志表現のため、非文になります。

第35課の教案とイラスト

 

ただし、以下の場合は非文にはなりません。

第35課 ~ば

 

1)の例文は、後件に意志表現がきていますが、前件と後件の主語が異なるため、非文にはなりません。

また、2)の例文の場合も、前件の「寒い」という表現が状態を表すものなので、後件に意志を示す表現をもってくることができます。

 

 

 

以上、条件を示す表現「~と、~たら、~ば」の違いを確認しました。
だけど、この違い、学生にとっては厄介なもの。授業の最後には次のセリフを忘れずに。

 

どれを使っていいか分からんときは「~たら」を使え!

「~たら」は制約が少なく、使用範囲が広いからね。)

 

 

第35課前半の教案はこちらから

みん日・第35課の教案とイラスト:動詞の条件形「~ば」&「~なければ」
...

 

第35課後半の教案はこちらから

第35課の教案とイラスト:形容詞の条件形「~ば」「~なら」「名詞+なら」
...

 

 

使えるやん!と思ったら…応援クリックお願いします。

 

コメント