スポンサーリンク

みんなの日本語シリーズをまとめてみた:揃えておきたい本

日本語を教えるための教科書はいろいろありますが、「みんなの日本語」シリーズほど副教材の揃ったものはありません。世界でも1番よく使われている日本語テキストです。

本冊、翻訳&文法解説(分冊)だけでなく、副教材を含めたシリーズ全てをここで紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「みんなの日本語・初級」シリーズ

本冊&分冊(翻訳・文法解説)

「みんなの日本語」初級Ⅰ・Ⅱ 本冊

 

「みんなの日本語」初級Ⅰ・Ⅱ 翻訳・文法解説

ご存知のとおり、世界のいろいろな言語で翻訳・文法解説が出版されています。

 

「みんなの日本語」視聴覚教材

「みんなの日本語」初級 会話DVD

課によっては第1版のビデオのほうが分かりやすいので、普段は併用しています。

第2版は字幕などの設定も細かくできるようになっています。教師なりたての頃はVHSを使っていたんですが。

 

第2版のマイナス点は、バックミュージックの音が大きすぎること。会話の声が聞こえにくい。
音声ソフトなどを使えばそれも解決できるんでしょうが…

 

みんなの日本語・副教材

「みんなの日本語」書いて覚える 文型練習帳

各課、異なる練習問題が用意されていますが、導入クラスでも使用できるイラストつきの練習も結構入っています。

私は授業内の練習に、イラスト部分を拡大コピーし、使用しています。

 

「みんなの日本語」標準問題集

基本的にクラスでは使用しない問題集です。
学生がテスト前の自宅学習に使用できる復習問題集ですね。

私が勤務する日本語学校の定期試験は、日本語能力試験(JLPT)の問題形式を採用しています。学生にとってこの標準問題集はテストの演習になりますね。

 

 

「みんなの日本語」聴解タスク25

第2版の「聴解タスク25・Ⅰ」は昨年(2017年)出版され、「聴解タスク25・Ⅱ」は今年(2018年)の7月に出版されるようです。 2018年7月23日発売予定のようで、アマゾンには既に掲載されています。

スリーエーネットワークのホームページには、本冊の第2版にはない語句リストが参考のためにダウンロードできるようになっています。

 

そして、さらに嬉しいニュース。

 

音声だけであれば、無料でスマホアプリが利用できます。
*スクリプトの表示は別途課金されます。

 

 

 

「みんなの日本語」やさしい作文

タイトルどおり、作文を練習するためのテキストです。

ただし、時間に余裕がない民間の日本語学校のクラスでは導入が困難でしょう。
大学の日本語学科や日本語専攻などの場合は、初級レベルから作文もどんどん取り入れるべきです。

他にも作文練習のテキストはいろいろありますが、初級から始められる作文テキストはあまりないので、この本はおすすめです。

 

 

みんなの日本語・漢字

外国人対象の日本語教育用の漢字テキストは本当にたくさん出版されています。もちろん、日本でだけなく、海外でも多く出版されています。

 

カリキュラムにもよりますが、時間に制限のあるコースで「みんなの日本語」を使っている場合は、同シリーズの「漢字」が断然おすすめです。

 

提出順序に使いにくさ(例:最初に「聞」が導入され、後で「耳」が出てくる)を感じることもあります。しかし、本冊の語彙の提出順序がベースになっているので、学生は漢字の学習で新たに語彙を覚える必要はありません。この負担の軽減は大きいです。

 

「みんなの日本語」漢字 英語版

 

 

「みんなの日本語」漢字練習帳

こちらの「漢字練習帳」は毎回の授業で漢字クイズとして、利用することもできます。

 

日本語教師用「みんなの日本語」

「みんなの日本語」教え方の手引き

日本語教師の虎の巻です。

 

日本語教師初心者がまず手に取る本ではないでしょうか。
私もこの手引きには大変お世話になりました。(今もですが)

 

 

「みんなの日本語」絵教材CD-ROMブック

私はこの絵教材がなかったらクラスができません

 

絵カードを使った語彙学習に必要なのは、何を示すのか一瞬で分かること

教師なりたての頃は、このかわいいとは言えない絵カードが好きではありませんでしたが、この絵カードに本当に助けられています。

 

第2版でCD-ROMになり、値段もかなり安くなりました

 

「みんなの日本語」導入・練習イラスト集

「教え方の手引き」にも練習Cおよび会話のイラストは含まれているのですが、この本は各課の導入で必要なイラストがまとめられています。

 

導入だけでなく、このイラストを使ってクラス活動などもできます。

 

 

「みんなの日本語」シリーズを紹介しましたが、コースの使用教科書が「みんなの日本語」であれば、どれもとても役に立つ本です。購入前の参考になれば幸いです。

コメント