【て形の歌♪】「どの歌で教えたらいい?」迷ったときはこの歌を使うべし

第14課は「みんなの日本語」の中で最も重要な課の一つです。

 

なぜ重要なのか。

 

それはこの課で動詞の「て形」が導入されるから。

第14課以降、学生はいろいろな表現を学んでいきますが「て形」は必須の活用です。
ここで活用のルールを理解せずに終わった場合、次の課は理解できません。

 

慎重に導入を行い、学習者が理解できたことを確認した上で、十分な練習を行い、使いこなせるようになるまでリードするのが、私たち日本語教師の使命(!?)です。

学生たちの今後の日本語学習の継続がこの課にかかっていると言っても過言ではありません。

 

第14課の導入クラスになるとメラメラ使命感が沸いてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第14課「て形」の教え方

て形とは?(日本語の動詞の活用)

私たち日本人が小・中学校で学んできたものは国語文法(または学校文法)の動詞の活用です。以下を見て思い出してみてください。

動詞の活用形
  • 未然形
  • 連用形
  • 終止形
  • 連体形
  • 仮定形
  • 命令形
動詞の活用の種類
  • 五段活用
  • 上一段
  • 下一段活用
  • カ変/サ変

しかし、外国語としての日本語教育ではこの国語文法は使わず、外国人学習者にもわかりやすい方法で動詞をグループ分けし、異なる名称の活用形で教えていきます。

動詞のグループ分け(練習A1)

まず、動詞の活用「て形」の導入に入る前に「動詞のグループ分け」を確認しなければなりません。

動詞はルールに従い、3つのグループに分けられます。詳しくは下の表を見てください。

 

日本語の動詞のグループ分け

動詞のグループ 1グループ

Ⅰグループ

「ます形」の「ます」の前の母音が「 i 」(い)の動詞

Ⅱグループ

「ます形」の「ます」の前の母音が「 e 」(え)の動詞

Ⅲグループ(不規則動詞)

「来ます」と「します」

 

 

動詞がⅠ、Ⅱ、Ⅲのグループに分けられることが説明できたら、既習の動詞がどのグループに属するのかを一つ一つ確認していきます。

このとき、テキスト「翻訳・文法解説」のことばのリストの動詞の横に属するグループがローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)で書かれていることも説明しておきます。(第14課以降)

 

また、中には例外もあるので新出の動詞を学習するたびに属するグループを確認するように指導します。

例えば「起きます」は「~ます」の前の母音が『 i (い)』ですが、例外にあたり、Ⅰグループではなく、Ⅱグループに属する動詞になります。

例外っていうものはよく試験(日本語能力試験なども)に出てきます。要注意です。

~てください(練習A2)

みんなの日本語・第14課、て形、教案とイラスト

 

依頼の表現「~てください」を導入します。

普段から「ちょっと待ってください」のセリフで馴染みもあり、依頼の表現であるとすぐわかります。

 

【て形】の導入

て形だけでなく、動詞の活用の導入はいつもⅡグループ → Ⅲグループ → Ⅰグループの順で導入します。これはⅠグループの活用が1番複雑なためです。

【て形】Ⅱグループ

Ⅱグループの動詞は、「ます」を「て」に置き換えるだけです。

 

【て形】Ⅲグループ

みんなの日本語・第14課、て形、教案とイラスト

 

Ⅲグループの動詞は活用が不規則なので、活用形ごとに覚えなければなりません。
【て形】の場合は、「来て」と「して」になります。

 

【て形】Ⅰグループ

みんなの日本語・第14課、て形、教案とイラスト

みんなの日本語・第14課、て形、教案とイラスト

 

Ⅰグループの動詞の【て形】はかなり複雑です。「~ます」の前の音によって活用の形が異なるからです。PPTも1ページに収まりません。あせらず、既習の動詞で例を示しながら、一つずつ確認をしていきます。

 

※「行きます」だけは例外で「行いて」ではなく「行って」になることに注意します。

 

【て形】の歌

みんなの日本語・第14課、て形、教案とイラスト


90年代のアメリカの子ども向け番組『バーニー&フレンズ』 (Barney & Friends)
をご存知ですか?

 

紫色のティラノサウルスの着ぐるみを着たバーニーは、はっきり言って見た目は悪いのですが、なぜか子どもたちに大人気です。ヨーロッパやアジアでも放映されていたため、20代の学習者ならよく知っています。

 

日本では知らない人がほとんどのこのバービーですが、テーマソングはあの有名な
「アルプス一万尺」(英語圏では”Yankee Doodle”)がもとになっています。知らない人はいない有名な歌ですよね。

 

日本語教育の指導書などにはいろいろな歌(「きらきら星」「むすんでひらいて」「ロンドン橋落ちた」等)での導入が紹介されていますが、

  • みんなが知っている歌
  • 音程が高くない歌

ということで、この歌が1番適しているのではないでしょうか。私は音痴ですが「アルプス一万尺」は大きい声で歌っています。

アルプス

一万尺

小槍の

上で

アルペン踊りを

さあ踊りましょ

   いちりって

   にびみんで

   きいて

   ぎいで

   いきます いって

   し して

初めて【て形】の導入を授業でする方は、自宅でしっかり歌う練習をしましょう。日本語教師は時には歌手にもならなければなりません。(!?)

時間をかけてすばらしい授業の準備をしても本番で中途半端な歌い方をしては、せっかくのバーニーもさらっと流れ、微妙な雰囲気だけが残ります。失敗です。(下手という意味ではナイよ。)

 

バーニーはインパクト大です。十分に利用しましょう。

 

恥を捨て2回ほどお手本で歌ったら、今度は学生と一緒に歌って練習します。最初は不安げに歌う学生も3回目ぐらいには楽しく歌えるようになっています。

 

最後に「テスト中に歌うときは静かにね」と笑いもとっておきます。

 

歌のあとは、フラッシュカードを使って【て形】の活用を繰り返し練習します。
基本動詞のFCは、こちらからダウンロードできます。

【日本語の教え方】動詞フラッシュカード(無料ダウンロード)Japanese Verbs Frashcards
...

 

【て形】のゲーム

時間に余裕があるときは、【て形】の練習のために次のゲームはいかが?

(準備)
1.やわらかいボールを1つ用意する。
2.可能であれば、既習の動詞のリストをホワイトボードに書き出す、または、PPTで映し出す。

まず、ボールを持った学生は「食べます、食べて」というように、ホワイトボードに書かれた動詞を自由に選び「ます形、て形」の順に言います。

次に、持っているボールをクラスメートの誰かに投げます。そして、ボールを受け取った学生は、同様に動詞を一つ選んでその「ます形、て形」を言います。(このとき、既に誰かが言った動詞は使えないことにします。)

 

このボール投げゲームは【て形】の練習だけでなく、他の項目の練習にも応用できるゲームです。しかも、アラフォーの私がやっても脳の活性化に効果ありのゲームなので超おすすめです。是非これからは仕事カバンにボールの常備を。

 

第14課の後半の教案とイラストはこちら

コメント

  1. M より:

    質問させて下さい。
    「浴びます」は図式から、び→んで
    になりますが、実際は「あびんで」ではなく「あびて」ですよね。
    これは例外でしょうか。

    • 佐藤けい子 佐藤けい子 より:

      はい、そうです。

      「浴びます」は例外でⅠグループではなく、Ⅱグループに属します。
      他にも「起きます、見ます、降ります、借ります、います」などが例外でⅡグループに属するので、指導の際には注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました