「みんなの日本語」第14課【て形+ください】の教え方はこれ!

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

「みんなの日本語」第14課の教え方(教案)&導入イラスト&活動アイデアです。

前回のクラスで導入した動詞のグループ分け(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)と「て形」をもとに、文型「~てください」と「~ましょう」を導入します。

 

第14課の前半(て形)の教え方はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 「~てください」(練習A2)

「~てください」は依頼をしたり、何かを勧めたりするときに使う表現です。

 

 お金を貸してください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)お金貸して,てください

 

 ノートを貸してください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

 英語を教えてください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

 いいレストランを教えてください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

 ビールを飲んでください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語) 上司に酒を勧める

 

 ジュースをください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

  • 何か物が欲しいときは、「○○(物)をください」となることに注意します。
    (「あげてください」にならないように注意。)
  • 練習B2をする際に「すみませんが、~」を使うともっと丁寧な依頼になることも説明します。

 

「ます形」+方

 漢字の書き方を教えてください。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

  • 練習A、Bにはありませんが、文型の例文3番「ます形+方」が導入されています。教科書以外の例を示し、練習もしておきます。
  • 「~を書きます」のように動作の対象を示す助詞「を」は、並列の助詞「の」に変えなければならないことに注意します。(例:~の書き方)

 

~ましょうか(練習A3)

聞き手に手伝いを申し出る「ましょうか」の導入です。

 

 傘を貸しましょうか。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

 手伝いましょうか。 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

第14課の教案とイラスト(みんなの日本語)

 

以下のような話し手の申し出に対する答え方(練習B4)も確認しておきましょー。

はい、お願いします。

いいえ、けっこうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました