スポンサーリンク

みん日・第24課「~てくれます」VS「~てもらいます」の違いをはっきりしてよ。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語

みん日第24課(後半)「~てくれる」の教え方(教案)、導入イラスト、活動アイデアです。

この課で導入される授受表現は、人との関係(「ウチとソト」)を理解して使わなければならないので、少しややこしい。だから扱われる文型は物の授受「もらう」と行為の授受「てあげる・てもらう・てくれる」のみ。

第24課前半の教案とイラストはこちら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みん日・第24課の教案 「てもらいます・てくれます」(練習A3・4)

物の授受「もらいます」は第7課、「くれます」は第24課の前半で提出済みです。ですから、【て形】+(あげる・もらう・くれる)が行為の授受になるという説明は簡潔にしてしまいます。

 

「~てもらいます」VS「~てくれます」

「てもらう」と「てくれる」の違いをどこまで詳しく説明するかは、コースの目的や学習者の理解度によって異なります。でも私だったら知りたいと思うので、いつもちょっと時間を割いて説明しています。

同じこと言ってるのに何で2つあるの!?とパニックになる学生が必ずいるので、以下の絵を使い、違いを分かりやすく説明しましょう。

 

➀ ~てもらいます

話し手はきのう日本語のクラスを休みました。友だちにノートを借ります。
話し手は聞き手にお願いをします。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語

第24課の教案とイラスト みんなの日本語

 

話し手からお願いをして何かをしてもらうときに「~てもらいます」で表すことが多いです。

話し手にとってプラスになることなので、受ける恩恵に対する感謝の気持ちも含まれています。

 

② ~てくれます

話し手はきのう日本語のクラスを休みました。優しい友だちが心配してノートを貸してくれます。

 

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

行為をする人が主体的に何かをしてくれるときに「~てくれます」を使うことが多いです。

「~てもらいます」同様、受ける恩恵に対する感謝の気持ちを表しています。

 

「に」「の」「を」~てくれます

練習B5-4)は注意が必要な問題です。以下のまとめを使って確認しましょう。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

練習Bの絵は、「サントスさんが「わたし」の荷物を持とうとしている絵」です。

× サントスさんはわたし荷物を持ってくれました。

〇 サントスさんはわたし荷物を持ってくれました

 

「~てくれます」を使った文では、行為の受け手である「わたし」または「ウチの人」を「に」で示します。しかし、一部の動詞では「の」または「を」を使い、「に」を使わないので注意が必要です。

 

「てくれます」の2つの誤用例

1.× だれに描いてくれますか。


練習B6
は「だれが~てくれますか」のQAの会話です。以下のように誤用例と比べます。

 

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

2.× ワットさんが地図を描きました

「教え方の手引き」にあるワットさんが「わたし」に地図を描いているイラストを使って誤用例を挙げます。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

感謝の気持ちが表れていない悪い例感謝の気持ちが表れている正しい例を比較します。
感謝の気持ちが表れている文にはハートマークをつけて分かりやすくします。(板書でも)

 

「に」「の」「を」~てあげます

「~てくれます」同様、「~てあげます」も一部の動詞には「の」「を」を使います。以下のまとめを使って確認します。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

「~てあげます」の誤用例

先生、手伝ってあげます。(?)

「教え方の手引き」にもありますが、目上の人には「~てあげます」を使わないようにします。友人(同等または下の人)には「~てあげる」を使うことができます。

 

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

 

目上の人に「~てあげます」は使えませんが、その代わりに既出の「~ましょうか」を使えば、手伝いなどの申し出をすることができます。

 

ただし、「~てあげる」は恩着せがましく聞こえるときもあるので注意が必要です。

 

「○○(機関)から~てもらいます」

余裕があるクラスでは、会社や大学といった機関が行為の与え手の場合、「に」ではなく「から」を使うことを説明しておきます。

第24課の教案とイラスト みんなの日本語 授受表現

コメント

  1. 東京で日本語教師をしている柳沼と申します。「〜てくれますvs〜てもらいます」とても分かりやすかったです。この説明がどんなに重要かよくわかりました。どうもありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。拙い文のブログですが、これからもよろしくお願いします。