教案「~てある」(結果の状態)「~ておく」(準備/放置)【みんなの日本語・第30課】

そのまま
日本語・教案 「みんなの日本語」初級Ⅱ
スポンサーリンク

映画館行きたいなー。もう10か月行ってないんだよなー。映画館が再開されても怖くて行けないと思うけど。でも、そう考えると飛行機も乗れない…次の日本里帰りはいつになるんだろう。悲しいなー。ワクチン早くできるといいな。

では、前回の第30課(前半)に続き、「てある」「ておく」の授業案、導入・例文イラストです。

スポンサーリンク

もう~てあります(練習A2)

前回に続き、結果の状態を表す文型です。

副詞「もう」を使って既に(意図的に)行ったことを表します。

既に行った、過去のことなのに「~ます」?!、「~ました」じゃないの??...が学生の疑問でしょう。質問が出たときは、「そうなのよ、全てが文「法」のもとには成り立たないのよ」としか言えてない私です。質問出ないのがいいよね。

では、例文です。

ミラーさん、カレンダーを見てびっくり!
「えっ、クリスマスまであと3日??」「クリスマスプレゼント、まだ買ってない!」「あのクリスマス前の混雑デパートに行けるわけない!」

カレンダー クリスマス びっくり 驚き

 

 私はもう買ってあります。 

クリスマス プレゼント 買った

 

「パーティー用のビールは買いましたか?」

ビール 買った

 

 はい、もう買ってあります。 

ビール たくさん 山

「ケーキは?」

 

 もう作ってあります。 

ケーキ 作る

イラストの無駄な再利用の連発…すみません。

~ておきます【準備】(練習A3)

次に、準備(事前にしておくこと)を意味する文型「ておく」の導入です。

何かの準備のために使う文型ですから、例文を確認する際、何のための準備か確信しながらやっていくといいですね。

文型「ておく」(準備):例1)テストの準備

ミラーさん、あしたは日本語のテストですね。今晩は何をしますか?

テストがある 人 イラスト 試験

 

テストがありますから、今晩復習します。復習しておく テストの前

 

 テストのまえに復習しておきます。 

復習しておきます 準備 措置 文法 イラスト

 

文型「ておく」(準備):例2)旅行の準備

来月、ヨーロッパへ行きます。旅行 人 飛行機

 

 旅行のまえにパスポートを作っておきます。 

旅行 パスポート 作る ておきます 準備 日本語 教案 イラスト

 

ここで学生に「皆さんは旅行の前にどんな準備をしますか」という問いを出してもいいですね。

解答例は:

 旅行の前にチケットを買っておきます。 

旅行 チケット 作る ておきます 準備 日本語 教案 イラスト

 

 ホテルを予約しておきます。 

予約 ホテル 旅行 パスポート 作る ておきます 準備 日本語 教案 イラスト

 

 ドルをユーロに換えておきます。 

旅行 ユーロ ドル ておきます 準備 日本語 教案 イラスト

 

※この文型「~ておきます」(準備)は、「みんなの日本語」の教科書や教え方の手引きでは「準備」(練習Aの上2文)と「措置」(練習Aの下2文)に分けられていますが、「措置」にある例文(例:食事が終わったら洗っておきます)も「次に食べるときのための準備」というように考えられるので、分けて導入しなくても良いと思います。

~ておきます【放置、そのまま】(練習A4)

新出語彙に「そのままにします」とあるので、文型導入するのが変なんですが、あまり深く考えないようにしましょう。

またイラストの再利用です。

「寒いんですが、窓を閉めてもいいですか?」
-「ダメです!」
「えっ?何故?」

 

 たばこの匂いでくさいですから、そのままにしておきます。 

そのまま

もしくは、

 開けておきます。 

開けます ておきます 放置

暑がっている人も…

 開けておいてください。 

開けておいて ておきます 放置 そのままミラーさん、残念。

 

今度はレストランにて。

ウェイター「お下げしましょうか?」

レストラン お下げします

 そのまま置いておいてください。 

おいておいて そのまま 放置

でも、このままだと「おいておいて」と何か変?

会話ではもっと簡単にこう言うのよ、「おいといてください」

おいといて おいておいて

 

縮約の形の例はこちら。簡単に口頭練習しておきましょ。

縮約 ておきます ときます とく

以上、第30課の導入イラスト、教案例でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本語教師は見た!

コメント

タイトルとURLをコピーしました