みん日・第34課の教案とイラスト:「~て/~ないで(付帯状況)」&「~ないで」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シートベルトをして運転します(付帯状況)

みんなの日本語・第34課の後半、「~て/~ないで」付帯状況の教案、イラストです。

文を接続する「~て」の用法は初級の段階でも複数あります。

 

第34課前半の教案・イラストはこちらから。

みん日・第34課の教案とイラスト:「~とおりに」&「~あとで」
...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

(みん日・第34課)練習A3: ~て/~ないで(付帯状況)

付帯状況「~て」「~ないで」の導入です。

 

車でスーパーへ行きます。

シートベルトをします。シートベルトをします

 

「シートベルトをして、運転します」

シートベルトをして運転します(付帯状況)

 

・電気をつけます

・寝ます

「電気をつけて、寝ます」

電気をつけて寝ます みん日 第34課

 

・電気をけします

・寝ます

「電気をけして、寝ます」

電気を消して寝ます 付帯状況

 

・めがねをかけます

・本を読みます

「めがねをかけて、本を読みます」

めがねをかけて本を読みます

 

・めがねをかけません

・本を読みます

「めがねをかけないで、本を読みます」

めがねをかけないで本を読みます

 

今回は導入のイラストをたくさん描いてしまいました…

「付帯状況」とは、後文(主節)の行為が前文の行為がなされた状態(or なされない状態)で行われるという意味です。前文の動作を「~した」そして「そのままの状態で」後文の動作をするということですね。

例えば、「めがねをかけて、本を読みます」の場合、前文の「めがねをかけた」という状態で、後文の「本を読む」という行為がなされるという意味です。

 

この付帯状況は習得が難しい項目です。「みんなの日本語」シリーズの「導入・練習イラスト集」にもたくさんイラストがあるので練習を重ねましょう。習うより慣れろです。

 

~て (L.34) VS ~ながら (L.28)

第28課で既習の「~ながら」(2つの行為を同時に並行して行う様子)との違いを下の例文で確認しておきましょう。

  • 牛乳を飲ん、学校へ行きます。
    → 家で飲んで(飲み終わって)、学校へ行く。
  • 牛乳を飲みながら、学校へ行きます。
    → 通学中に飲みながら、学校へ行く。(最近の子どもならスタバでカプチーノとか買って飲みながら通学するのかも。生意気~。くっ~。)

 

(みん日・第34課)練習A4: ~ないで、~(~の代わりに~)

ここで導入する「~ないで、~」は付帯状況の「~ないで、~」と形は同じですが、意味は異なります。

ここの「~ないで、~」は前件の行為の代わりに後件の行為を行うという意味です。

 

いつもは朝、ご飯を食べるのですが、今日は…

「ご飯を食べないで、パンを食べます」

ご飯を食べないでパンを食べます

 

 

↓をクリックしないで、帰るのはダメよ。


人気ブログランキング       日本語教育ブログランキング

 

コメント