【日本語中級文型・比較リスト】中級レベル三大教科書バージョン

文型一覧表(日本語中級レベル・JLPT N2、N3)

これまでの約20年の教師生活で作成してきた教材やクイズ、試験は相当な量になりました。

クラス活動用教材、導入イラスト...日本語教師しかできない私にとっては命より大切!? はい、大切な商売道具です。紙媒体の物は捨ててしまった物もありますが、コンピューターを使い始めたときからのデジタルの資料は全て保管しています。

大したものではないけれど、これらの資料や教材を世界の日本語教師の皆さんにも共有し、役立てていただけらたと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「中級へ行こう」「中級を学ぼう」「みん日・中」の文型比較

私がこれまで使用してきた中級レベルの日本語教科書は、

「J301」
「中級から学ぶ」
「中級へ行こう」
「J-Bridge」
「中級を学ぼう」
「新日本語の中級」
「上級へのとびら」
「みんなの日本語中級」

になります。いわゆる総合教科書と呼ばれるものでJLPT対策本は除いてありますが、結構な数ですねー。

初級のほうは、

「みんなの日本語」
「大地」
「J-Bridge」
「まるごと」
…の4冊。改めて見ると中級のほうが多いのでびっくりです。

 

ということで、ここでは、独自の判断で中級の3大教科書と思われる

  1. 「中級へ行こう」
  2. 「中級を学ぼう」
  3. 「みんなの日本語中級」

 

の3つの教科書で提出される文型の比較一覧表を皆さんとシェアしたいと思います。

 

この文型一覧表を作成したのは5年以上前になりますが、きっかけは私が所属する機関の日本語コースのカリキュラム、プログラムの改訂でした。

教科書はどれにしよう?決める基準は?提出文型を比較しなきゃね。簡単に比較できる一覧表作ったほうがいいな。面倒だけど作ろ。

ということで、文型一覧を作成し、文型一覧を参考に使用教科書を決定したのでした。

 

5年も前の資料ですが、今もとても役に立っています。授業の準備で例文を探したり、練習問題や試験を作成したりするときは他の中級教科書に同じ文型が出ていないかどうかを一瞬で探すことができるのでとても便利なのです。

 

一覧は3つの教科書を横並びにし、課順に文型を一覧にしました。

おかげで比較しやすくなったのですが、横に長い表になってしまったので、実は印刷には不向きです。PDFファイルにもできないので、ここではエクセルファイルで共有します。ご自分のパソコンに保存し、いつでも使えるようにしておくといいと思います。

 

(参考イメージ↓)

文型一覧表(日本語中級レベル・JLPT N2、N3)

 

ダウンロードはこちら↓

中級教科書の文型比較一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました