スポンサーリンク

1分でできる【ローマ字の長音記号 Ā】をパソコンで打つ方法

ひらがなの導入が済んでいない初級レベルの授業用に、ローマ字版の教材を作成しますよね。

ローマ字を使うときは、長音記号(こんなのです ⇒ Ā Ī Ū Ē Ō, ā ī ū ē ō)が絶対必要。「でもこの長音記号、一体どうやってパソコンで打つの?」と疑問を持つ先生も少なくないはず。

 

ここではパソコンで長音記号が出せるようになる、1分でできる設定をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1分でできるローマ字入力の設定方法

1.まず、スタートボタンまたはウィンドウズボタンで「コントロールパネル」を開きます。

2.一覧が表示されたら右下にある「時計、言語、および地域」の「言語の追加」ボタンをクリックします。

言語の追加

 

3.「言語の追加」をクリックします。

4.言語のオプションからま行にある「マオリ語」を選択します。(マオリ語はニュージーランドの先住民の言語です。)

5.「言語の設定の変更」が表示されたら、「マオリ語」が追加されているかどうか確認します。

6.右下のIME言語バーにも「マオリ語」が追加されているかどうか確認します。

 

長音記号の入力方法

1.入力言語を「マオリ語」に切り替えます。(「Windows」キーを押しながら「スペース」キー、または「Alt」キーを押しながら「Shift」キーで切り替える。)「マオリ語」は英語と同じアルファベット入力です。

 

2.長音記号を付けたい文字を打つ前に「半角/全角 漢字」キーを押します。そのあと長音にしたい文字を打ちます。

(①「半角/全角 漢字」キー ⇒ ② a ⇒ ③「ā」が出る。)

 

 


ちなみに、長音記号とはローマ字(母音)の上に引かれている長音を示す横俸のことです。呼び名はいろいろあって「長音符」とか「棒引き」「伸ばし棒」「マクロン」などがあるそうです。私は同僚と話すとき「横棒」と言っていますが、みなさんはどうですか?(何でもいいか。)

 

これで、ローマ字長音の打ち込みにイライラすることがなくなりました。教材もレベルアップ!

コメント