スポンサーリンク

初心者向け「イラストを使った授業」におすすめの本とサイト

海外で日本語教育の現場でもコンピューターを使って教えることが当たり前になってきました。

 

当然、授業の準備もコンピューターで行い、教材もインターネットで収集し、準備の時間も短縮され…と思いきや、溢れるインターネット上の情報や教師用参考書で、準備時間は増えているような気もします。

 

海外で日本語教師をする私たちは、インターネットのおかげで浦島太郎にもならずに済んでいますが、授業の準備にはポイントとコツが必要です。ここでは「イラストを使った日本語の授業」の準備におすすめの本とサイトをまとめていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「イラストを使った授業」の準備のおすすめの本とサイト

絵教材を使う

「絵教材CD-ROMブック」(スリーエーネットワーク)

これは必須の教材です。

私は教師なりたてのころ、この絵カードのリアルな、そして昭和チックなところがあまり好きではありませんでした。でも教師歴15年を経て今思うこと…
それは、この絵教材に敵う物はないということです。

 


みんなの日本語 初級I 第2版 絵教材CD-ROMブック

アマゾンで検索する

 

白黒

イラストを使うにあたっての1番の条件は「母語がなくても絵を見て瞬時にその意味が分かること」です。この「みんなの日本語」シリーズの絵教材は、他のイラストが優先するかわいさとかは二の次であって、その単語の絵を忠実に描いています。そのおかげで誰が見てもすぐ理解できるんですよね。

 

新しい語彙の導入に、カラーのイラストはダメ!

瞬時で分かるためには、イラストに必要のない情報、つまり「色」が入らないほうがいいというのが私の意見です。導入=第一印象。最初の印象(インパクト)は重要です。いろんな色が入ると学生は気が散ってしまいます。

それでも、語彙リストの中にはこの絵教材にない単語もあります。そんなときはやむを得ず、インターネットで検索しますが、そのときもできるだけ白黒のイラストを探します。カラーしかない場合はPPTで色の変更ができるので、白黒に変えて使っています。

 

新しい文型(文字)部分のみに色を使うことで、強調したい文型のほうが学習者の記憶に優先されるはずです。

 

使用するイラストの統一

インターネットで見つけるイラストはイラストを描いた人が同じではないので、どうしても異なるタッチの絵になります。語彙や状況・場面…同じ項目なのに、統一性のないバラバラのイラストだと、やはり集中力が落ちてきます。

 

また、学校によってはチームティーチングで2名またはそれ以上の教師が一つのチームになり、1クラスを担当することと思います。その場合も、担当教師でイラストの種類が異なると、学生にとっては余計な情報量が増え、負担になってしまいます。

 

このようなことを避けるにも、担当教師が変わっても、共通の絵教材を使用することで授業がスムーズに進むのではないでしょうか。もし、次のクラスで違う先生が前回学習したことばの復習をしても、同じ絵カードならすぐ思い出せます。

 

初級レベルの1,000近い語彙のイラストを同一のイラストレーターで探すのは不可能です。やはりこの「みんなの日本語 初級I 第2版 絵教材CD-ROMブック」が1番です。

 

欲しいイラストが絵教材にない場合

必要なイラストが上記の絵教材にない場合があります。その場合は、まずこのブログで探してみてください。このブログにもないという場合は、インターネット上のイラストに頼らなければなりません。

 

インターネットで提供されている絵を使うのであれば、次の2つのサイトがおすすめです。

 

1.イラストAC

こちらのサイトに関しては別の記事に詳しく書いているので、そちらを参考にしてください。

以下↓の記事です。【イラストAC】

これが無料?20万点のイラスト素材が使えるサイト【イラストAC】
...

 

 

2.いらすとやさん

こちらも有名なサイトです。数が多く、シンプルで、フリーです。こちらのイラストだけを使うようにすれば統一性が守れます。【いらすとやさん】

 

写真を使う

日本の文化や習慣を紹介するためには、写真が1番です。今は無料で画質の良い写真が手に入るのでよく吟味して、適したものを使いましょう。

下の2つのサイトがおすすめです。

 

1.写真AC

「イラストAC」と同じ運営会社のサイトです。豊富な量の写真から検索ワードで簡単に見つけることができます。どの写真も本当に美しいー。【写真AC】

これが無料?20万点のイラスト素材が使えるサイト【イラストAC】
...

 

 

2.みんなの教材サイト

国際交流基金が運営する「みんなの教材サイト」です。最近リニューアルされ、ますます使いやすくなりました。「写真AC」同様、まず無料の登録が必要です。

 

みんなの教材サイト

 

「みんなの教材サイト」の写真は、もともとは厚手の紙(A4の6倍ぐらい)で市販されていた写真集の写真だと思います。5冊ぐらいのシリーズで箱入りのそれぞれの写真集が3キロぐらいはあったような…片手で持ったなら手首を骨折しそうな重さと大きさでした。

 

でも、これらの写真は外国人学習者への文化紹介という目的に沿ってプロの写真家により撮影されたものなので、分かりやすく見やすい写真になっています。もう20年ぐらい前に写真集になっていたかと思うので、昭和のにおいを感じる写真なのですが、アラフォーにはそれも嬉しい。

 

残念ながら、写真集のときはこれらの写真を使いこなせていませんでした。授業と授業の間の短い休み時間で、何百枚の写真から必要な写真を探し出すのは至難の技…しかも、重い。

 

それが今は、インターネットで10秒もあれば検索結果から見つけられるのですから、便利な時代になりました。見つけた写真はダウンロードし、イラスト同様、PPTに貼り付けるだけ。これで準備完了です。

「みんなの教材サイト」のサイトには各写真に文化や習慣の説明がついているので、それを頭に入れて、そっくりそのまま授業で紹介しています。

 


以上、1,000を超える授業をやってきて教師歴も長くなった私が思う「イラストや写真を使った授業」の準備で気をつけるポイントでした。

 

コメント

  1. はじめてサイト拝見しました!すごく分かりやすいしイラストもツボです!オンラインレッスンをしていて何かいいのがないかな?と思っていたところです。
    イラスト使用させていただきます。
    ブックマーク登録もさせていただきました。ありがとうございます。

    • コメント、ありがとうございますー。教材の増加、改善がんばっていきますので、どんどん使ってやってくださいー!