【外国人向け日本語レッスン第1回】日本語の概要をどう教える?③

おはようございます

初心者・日本語教師を応援するシリーズ、「外国人向け日本語レッスン第1回」をどう教える?の最終回です。

ここでは、日本語の挨拶教室でよく使うことば、そして、10までの数字のスライド(イラスト、絵)をシェアします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

教室のことば(日本語授業バージョン)

まず、学生というより、先生がよく使うことばですが、「始めましょう」「終わりましょう」、そして「休みましょう」です。

始めましょう 終わりましょう 教室のことば

休みましょう 教室のことば

 

「わかりますか?」「はい、わかります」「いいえ、わかりません」

わかりますか 教室のことば

「いいえ、わかりません」はあまり使わないでね、とひとこと言っておきましょう。

 

教室のことば 日本語クラス

先生のことばです。「リピートしてください」

 

お願いします

便利なセリフです、「お願いします」。

教室でお金の貸し借りしてはいけませんが…

 

もう一度お願いします

「お願いします」を応用し、「もう一度お願いします」

 

いいです 違います

「いいです」「違います」

マル バツ

聴解練習で欠かせない「○マル」「×バツ」

 

人の注意を引くときの「すみません」

すみません 日本語 クラス

授業中は、「先生、すみません」ですね。

 

もう1つの「すみません」。謝罪に使います。

すみません 謝る

 

「どうぞ」「ありがとう」

ありがとう

目上の人には「ありがとうございます」
「ございます」を追加する、、、文が長くなるとフォーマルになること多し。

 

日本語のあいさつ

「おはよう」「おはようございます」

おはようございます

「こんにちは」

こんにちは

「こんばんは」こんばんは

えっ?夜の挨拶、2つあるの?

おやすみなさい

「おやすみなさい」は夜のお別れのあいさつですね。もしくは寝るとき(ベッドに行くとき)に使います。
「こんばんは」は夜に誰かに会ったときですね。

あと、挨拶ではおじぎの練習も忘れずに。おじぎするだけで一気に日本人っぽさアップ。

 

さようなら

「さようなら」は朝昼晩、いつでもお別れのときに使えますが、しばらく会うことができないお別れなどに使ったりすることが多いです?

 

日本語の授業では、こちらのほうが自然かもしれません。

また明日

「また来週」「また明日」

ついつい「お疲れさま~」と学生に言ってしまい、学生も「先生、お疲れさま~」と我々を労ってくれる。駄目よね、ほんとは。先生ー学生間でお疲れさまって言わないよね。

 

日本語の数字(1~10)

数字 1~10 表

特に説明はしませんが、4、7、9に注意が必要ですね。

4、7、9は2通りの言い方がありますが、年齢の言い方と月の言い方など使い分けが必要です。4の場合、「よん」も「し」も覚えなければならないということです。

次のクラスまでの宿題は、夜、ベッドに入ったら眠りにつくまで1から10まで数えてね、でいきましょう。

 


以上、3回のシリーズで紹介した第0課(日本語初回レッスン)の授業の内容でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました