【みんなの日本語・第11課の教案とイラスト】いろいろな助数詞

助数詞

ハッピーイースター!
皆さんいかがお過ごしですか?新学期が開始しましたね。

私は泥棒に入られたことをきっかけに家のリフォームに夢中になってしまい、授業もそっちのけの状態です。

工事をやってくれる人がいろいろ家に来るのですが、基本、ストレスです。みんな仕事テキトーなんだよね。ちゃんとやってくれる方が珍しいというか。また後日お話ししたいと思いますが、泥棒事件以上にショックなことも…やらなきゃ良かった。

 

では、気を取り直して第11課の教案&イラストの紹介です。(でもこの課、つまらないんだよね。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

助数詞 (—つ)

一つ、二つ、三つ、四つ...
語彙導入で紹介済みの一般的な物の数え方「—つ」を確認します。

助数詞

 

 りんごが一つあります。 

助数詞 第11課

 りんごが二つあります。 

助数詞

 

しつこく順に導入していましょう。たとえ、つまらなくても。

三つ 助数詞

助数詞

 

10(とお)以上は、数字そのままです。

 りんごが11あります。 

助数詞 日本語授業

 

  • 通常、助数詞の後ろに助詞は来ません。
  • ここで導入する「—つ」は動詞の直前に置いて使います。
  • レストランで注文するメニューにも「—つ」を使います。(練習C1)

 

いくつありますか。

「—つ」で数える物に対する疑問詞は「いくつ」になります。

 りんごがいくつありますか。 

いくつありますか 11課 みん日

 

りんごを三つください。

「あります」以外の動詞との使い方を確認します。

 りんごを三つください。 

りんごをください。日本語

 りんごを三つ買いました


以下の例文でも確認しておきます。

助数詞

ここで練習C1をします。レストランでの短い会話ですが、とても盛り上がるし、現実性も高いので、時間をかけて話す練習をするようにします。

他にも電話でピザを注文するシチュエーションで練習してもいいですね。その際、レアリア(本物のメニューやチラシ)を用意できると完ぺキです。

 

助数詞(—枚/—台)

 シャツが3枚あります。 

~枚 助数詞

薄い物を数えるときは、「—枚」を使います。
シャツが「—枚」になることを確認したら、他に薄い物にどんな物があるかクイズ形式で学生に考えてもらいましょう。「—枚」を使わない可能性もあるので、一つずつ確認しておきます。
「—枚」は、写真、CD、お皿、カード、切手、紙など。
シャツが何枚ありますか。
 シャツが何枚ありますか。 

何枚

 

 パソコンが何台ありますか。 

台 助数詞

 

「—枚」同様、どんな物を「—台」と数えるのか、学生に挙げさせましょう。

「—台」は、テレビ、車、トラック、自転車などの乗り物と、FAX、ケータイ、冷蔵庫などの電気製品ですね。

 

助数詞 (—人)

「一つ、二つ、三つ…」同様、人の数え方も「一人(ひとり)、二人(ふたり)、三人、四人(よにん)…」と口慣らしで練習が必要です。

 

 公園に人が三人います。 

 公園に人が4人います。 

何人いますか。

 公園に人が何人いますか。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました