【第8課の教案】形容詞の導入~教え方の手引きと異なる手順で

「みんなの日本語」第8課の教案&導入イラスト、活動アイデアです。

形容詞の導入により学生の表現範囲が広まるのですが、そこにたどり着くためには、まず新出語彙の形容詞をしっかり覚えることが大切です。

語彙の数が多いので絵教材(みんなの日本語 初級I 絵教材CD-ROMブック)を利用して、声に出して練習し、対義語で提出されている語はペアで覚えるように指導しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新出語彙:形容詞の導入

「な形容詞」の語彙導入には、「ハンサム」や「きれい」など「な」を付けずに導入する場合と、「ハンサムな」や「きれいな」など「な」を付けて導入する場合の2通りの方法があります。

例えば「きれい」は「な形容詞」で、その否定の形は「きれいじゃ(では)ない」になりますが、語尾に「い」があることから学生はよく「い形容詞」と間違え、「きれくない」としてしまいます。私はこのエラーを避けるため、語彙導入の段階でな形容詞は「な」付きで導入しています。

形容詞【名詞修飾】

第8課は、「教え方の手引き」(みんなの日本語)とは異なる順序で導入していきます。

その手順とは、まず練習A3(名詞修飾の形容詞)を導入し、それから、練習A1(形容詞の叙述用法)を導入します。

 

理由は、「名詞修飾の形容詞」のほうが簡単だから。

 

また、名詞修飾であれば、な形容詞に「な」が付いている理由が分かるから。

叙述用法(例:きれいじゃない)から導入すると、そのとき学生は疑問に思うはず。「何で『な形容詞』って『な』が要るの?無くてもいいじゃん」って。

 

名詞を修飾する形容詞

 ~は<な形容詞>な<名詞>です
 これは店です 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 これは便利な店です 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 

 ~は<い形容詞><名詞>です
 これはかばんです 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 これは大きいかばんです 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 これは傘です 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 これは青い傘です 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 

ここの導入では特に説明は要りません。

上のイラストを順に見せながら例文を読んでいくと、日本語の形容詞は名詞の前に置いて修飾するということに学生は気づいてくれます。(気づかない学生には媒介語で説明ですね…涙)

 

否定の文「~じゃありません」

上で使用したイラストを使って教師が「これは赤い…」と言えば、学生は「赤い傘じゃありません」と続きます。(そのはず)

形容詞の練習

赤い花、きれいな花、大きい花、すてきな花…

形容詞 教案 日本語

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

「悪い友だち」なんて答えも出てきます。面白い。

 

疑問詞「どんな」

導入にはわざわざイラストを使わず、まさに今手にしている「みんなの日本語」の本を使って質問したほうがいいですね。でもイラストあります。↓

 

 これはどんな本ですか 

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

いい本、おもしろい本、楽しい本、高い本、安い本、大きい本…などなど。

 

  • 疑問詞「どんな」には必ず名詞が続くことに注意します。

 

名詞修飾のまとめ

みん日、第8課・形容詞の教案とイラスト

 

上のイラストを使って3分で名詞修飾のまとめをしておきます。

・第8課 な形容詞・い形容詞+名詞

・第2課 助詞「の」+名詞

 


次は形容詞の叙述用法の導入(第8課後半)です

【みんなの日本語・第8課の教案】形容詞の導入/そして?が?
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました