日本語を教える② ~「みんなの日本語」の使い方 

昨日に続き、今日は「日本語教科書「みんなの日本語」の使い方」入門です。

最近、ハワイアンブレッド作りにはまっていて、一次発酵、二次発酵とパン作りしながらのブログアップなので、下手な文章、てにをはエラーはお許しください。(一応日本語教師やってます!)


みんなの日本語 初級I 第2版 本冊〔Amazon〕

一般に日本語教育界では、初級レベルの学習にかかる時間を約300時間としています。

ここでいう初級レベルというのは、「日常生活の場面でのコミュニケーションがややゆっくりのスピードであればできる」というレベル。語彙数でいうと2000語ぐらいです。

英語の英検やTOEFLのような、日本語バージョンの試験に「日本語能力試験(JLPT)」がありますが、このJLPTでいえば、N4レベルに相当します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「みんなの日本語」の概要

「みんなの日本語」にはたくさん副教材があるのですが、必要なのは次の2冊。

  1. メインテキスト(例文や会話モデル、練習問題)の『本冊』
  2. 語彙リスト&文法説明(各言語の翻訳付き)の『分冊』

それぞれ上下巻に分かれていて、Ⅰ巻は第1課から第25課、Ⅱ巻は第26課から第50課になります。日本語初級レベルを教えたいというのであれば、とりあえずこの4冊を揃えることになります。(「みん日」シリーズの他のテキストについてはこちらを参照。)

日本語能力試験のレベルをテキストに当てはめると、Ⅰ巻がN5レベル、Ⅱ巻がN4レベルです。

 

冒頭で学習時間は約300時間と言いましたが、日本で毎日学習する場合と海外で週に1回学ぶ場合とでは異なってきます。海外の場合は、もっと時間が必要になるでしょう。

ここで一つ、進行スケジュールの例を挙げますね。

進行スケジュールの例

1年の前期と後期を15週ずつに分けたカレンダーで、週に2回、2時間の授業をする場合、

1年目前期全15週第1課~第10課
1年目後期全15週第11課~第20課
2年目前期全15週第21課~第30課
2年目後期全15週第31課~第40課
3年目前期全15週第41課~第50課

試験などの時間数を含めない、本当にシンプルなスケジュールで、50課を終えるのに2年半かかります。

全50課を300時間で終えるプログラムの場合、各課にかけられる時間は、約6時間という計算になります。

 

「みんなの日本語」は独習する用には作られていません。教室で教師がいて、教師のサポートがあって成り立つ教科書です。ですから、教師は効率の良い手順で授業を進めていく必要があります。

授業の進め方

ここでは具体的に「みん日」を使った授業の進め方を紹介していきます。

教師によって、コースによって、学習者によって、目的によって、使い方はいろいろです。でも、私が1番良いと思う進め方を紹介するので、皆さん、信じてついて来てください。(いやいや、ごく一般的な進め方…)

テキストの構成

まず、テキストの構成ですが、ページ順に見ていきましょう。各課、「文型・例文」のページに始まり、「モデル会話」、そして、「練習A」、「練習B」、「練習C」と続きます。

文型・例文

「文型・例文」は各課で目標としている学習文型がリスト化されています。

例えば、第1課の文型は、

1.わたしはマイク・ミラーです。
2.サントスさんは学生じゃありません。
3.ミラーさんは会社員ですか。
4.サントスさんも会社員です。

どうですか?中学校で習った英語を思い出しますねえ。My name is Ken. This is a pen.

そして、これらの文型を使って発展させた例文が続きます。

会話

次に、「モデル会話」のページです。

会話の場面にはタイトルがつけられており、脚本のようにそれぞれのセリフの主の名前が書かれています。第1課の場合は、佐藤さんと山田さんとミラーさんの3人です。

初めまして

佐藤:  おはようございます。
山田:  おはようございます。佐藤さん、こちらはマイク・ミラーさんです。
ミラー: 初めまして。マイク・ミラーです。アメリカから来ました。どうぞよろしく。
佐藤:  佐藤けい子です。どうぞよろしく。

この会話文の下に、場面のイメージイラストも描かれています。一連の会話のイラストは「教え方の手引き」にあるCD-ROMを買えば、もれなく付いてきます。4コマ漫画形式で、学生の興味も引くし、練習もしやすくなるので買うことおすすめ。

練習A

練習Aは、練習ではありません。ええっつー? ですよね。

「練習」というより、例文のような気がします。
でも、新出の文型の導入後、その文型の例を読んで理解できたかどうかを確認するので、やっぱり練習…??

課によっては動詞や形容詞の新しい活用形が導入されるので、そのときは練習Aの1番はその活用表になっています。見やすくて分かりやすいです。

練習B

練習Bは、パターンプラクティスと呼ばれる練習です。(文の型(パターン)の練習)

もともとはオーラルアプローチという教授法で発展した練習方法で、戦時中、軍隊に敵国の言語を教えるために考えられたものでした。ミシガン大学で開発されたのでミシガン・メソッドとか、アーミー・メソッドともいわれます。

パターンプラクティスの中にもいろいろ種類がありますが、基本は「リピート練習」です。
皆さんも学生のとき、英語の授業でやったでしょ?

練習C

練習Cはどの課も3つの短い会話練習があります。テキストにもイラストがついていますが、「会話」同様、「教え方の手引き」にあるCD-ROMに入っているイラストを使うともっと練習がやりやすくなる。

注意する点は、スペースが限られているので、どの会話も何だか尻切れトンボです。学習文型が入っていればそれで良し、なんだろうけど、現実の会話は普通、締め(?)がありますから。

例えば、第1課の練習C-2番の場合、

A: 失礼ですが、お名前は?
B: イーです。
A: リーさんですか。
B: いいえ、イーです。

で?終わり?Aさん??何も言わないんです?

皆さんの授業では自然な会話になるよう、「A: あ、イーさんですか。すみません。」と追加しておいたほうが良いかもしれません。

 

実際に授業を進める順番

実際に授業を進める順は以下のように図にしてみました。

みんなの日本語 授業の流れ 教え方

※点線で囲っている部分は各文型ごとに繰り返す。

 

まず、語彙の導入です。

各課2ページにわたり、量もけっこうあるのですが、一気に導入してしまいましょ。(学生の負担を減らすために分けて導入する先生もいます。)

どの課も動詞、形容詞、名詞、固有名詞の順になっていて、練習Cと会話で出てくる会話表現は別枠になっています。

「みんなの日本語」は日本語能力試験(JLPT)対策になる分、語彙数が本当に多いです。学生が1番苦労するのが語彙と言ってもよいぐらい。そして、最初の5課ぐらいまでは語彙が分かれば、文法が分からなくてもだいたい意味が分かるのではないかと思う(自論)…まーそれぐらい語彙が重要だということです。時間をかけて、ピクチャーカードを使って、十分練習しましょう。ピクチャーカードは買ってくださいね。今はデジタル化され、CD-ROMで手に入ります。ありがたや。私が日本語教師デビューしたときは厚手の紙に印刷されたカード集しかなく、しかも高級品。高かったし、重かった…今は幸せ。

 

次に練習Aの1番の文型から導入(説明)していきます。導入が終わったら、文型練習をします。該当する練習Bをやっていきましょう。そして最後に、その文型を使った会話練習を練習Cを使ってやっていきます。

この流れは上の図の点線の四角に囲まれた部分で、文型ごとに同じ流れを繰り返します。

例えば、第1課の1つ目の文型「わたしはマイク・ミラーです」の場合、練習の流れは
【練習A1→ 練習B1、2→ 練習C1】になります。

 

練習A、B、Cが全部終わったら、最後に副教材の会話ビデオの登場です。会話練習は学生たちもリラックスして楽しく勉強できる部分。

その会話が終わったら、課のまとめです。課の1番最初のページに戻り、文型・例文の読み合わせをしましょう。

上の図にはありませんが、課のまとめとしてもう1つ、「問題」という2ページ分の復習があります。復習なんですが、聴解練習だったり、読解問題だったり、これも大切な部分ですね。課の最後の部分なので時間が足りなくなり、適当になってしまうこともありますが、聴解も読解も大切。教案作成の段階できちんと時間をとっておかないといけません。(自分に言ってます…反省。)

各課の時間の割り当て

課によって文型の数も難易度も異なるので、だいたいの目安を紹介します。

第1課の時間配分の例です:

語彙導入(30分)練習A5、B6、C3(20分)
練習A1、B1,2、C1(20分)⇒練習A6、B7(20分)⇒
練習A2、B3(20分)会話(60分)⇒
例文1~3、B4、C2(20分)⇒文型・例文(20分)⇒
練習A3,4、B5(20分)10問題(30分)

これで、4時間50分になりました。大体です。

各課で使える6時間に達していませんが、1課を3回のセッションでするので、2回目、3回目のセッションの始めには前回授業の復習の時間も必要になるので、これでちょうど良いと思います。学生数は10人ぐらいを想定しているので、20人になるともっと時間がかかります。

各セッションでどこまでやるか、区切りも難しい点ですが、各クラスの状況に合わせていくしかありません。新しい文型の導入だけをして、理解の確認、練習なしに時間切れというような中途半端な終わり方だけは避けましょう。私は何度もしましたが。

以上、「みんなの日本語」の使い方について説明しました。

追伸:ハワイアンブレッドはちょっと焦げましたが、おいしくいただきました。ダイエットしてるのにパンを食べるなんておそろしいことですが、息子に作ってとリクエストされ、つい…親バカです。「ダイエットは明日からにします。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました