【日本語の教え方】みんなの日本語・第3課の教案「ここ・そこ・あそこ、トイレどこ?」

「みんなの日本語」第3課を使った日本語の教え方(教案(例)、導入イラスト、クラス活動のアイデア)です。

第3課の学習目標は、場所を示す指示語「ここ、そこ、あそこ」を使って特定の場所が言えるようになることです。

学生は友だちもでき、日本語の授業に慣れてきたころです。教師の私たちも教室に入る前の緊張がほぐれてきたころですね。

でも、年を取るごとに経験年数が増えるごとに学生の名前が覚えられなくなっています。まずいなー。ちょっと前まではこの課、3課あたりで問題なくクラス全員の名前を覚えてたのになー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここは(場所)です

場所を表す文型の導入です。(練習A1)

まずは、下のイラストを使って「ここ・そこ・あそこ」の位置関係を確認しましょう。

 

 ここは事務所です 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

日本語初級・第3課の教案とイラスト   日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

ここ・そこ・あそこ

次のイラストを使って確認をします。

ここ、そこ、あそこ 日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

 

「ここ、そこ、あそこ」の導入ができたら、世界地図を使った例文も紹介します。

 ここはアメリカです 

あそこ 日本語初級・第3課の教案とイラスト

あそこ 日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

[場所・物・人]はあそこです

指示語「ここ、そこ、あそこ」が述部にくる文型です。(練習A2)

 

 トイレはどこですか 

トイレはどこ

 

私はこの文型を導入するとき、使えるようになることの重要性を強調しています。

「トイレはどこですか」は日本に到着したとき、成田空港で一番最初に使う表現だからねー。

 

文型積み上げ式の授業では学習する文型が実際にどのような場面で使われるのか分かりにくいことがありますが、「トイレはどこ?」ははっきりしていて分かりやすい。

 

 トイレはここです 

トイレはここ 日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

町で日本人観光客に「トイレはどこですか」と聞かれたら、みんな優しく教えてあげてねと言ってます。(そんな場面に遭遇するかどうか疑問ですが。でもイメージはしやすいでしょ。)

 

最後に、丁寧な形の「こちら・そちら・あちら」「どちら」も導入し、同様に練習しておきます。

 

ー階(助数詞)

第1課で年齢を表す助数詞「-歳」導入済みですが、ここでは「~階」を導入します。数字によって発音が異なるので、何度も口頭練習を繰り返し、音で覚えるのが一番です。

 

 くつ売り場は何階ですか 

デパート 日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

下の表で注意しなければならない発音は緑色になっています。ほとんどですが。

日本語初級・第3課の教案とイラスト

何階ですか?

ちょっとしたエピソードの紹介です。

ある日、超・初級レベルの学生が町の中で日本語を使う機会を得たそうです。(場所は海外の辺鄙な地です)
オフィスビルで見かけた日本人ビジネスマンで、学生の乗っていたエレベーターに乗って来たそう。そこで学生は即、日本語で話しかけました。

「何階ですか?」

海外の辺鄙な地で突然日本語で外国人に話しかけられた日本人は驚いたはず。

でもこの超・初級レベルの学生は教室で学んだことを実際の生活の場で使えたことにより学習意欲がアップ⤴。

小さなことですが、学生にとってはこういった経験が学習に対する自信になり、動機になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました