【教案と導入イラスト】みんなの日本語・第3課|フェラーリは〇〇円です 

「みんなの日本語」第3課(後半)の教え方(教案(例)・導入イラスト・クラス活動のアイデア)です。

ここで取り扱う内容は、1)国籍や職業を述べる文型、2)体言を修飾する格助詞「の」、そして、3)「-円」(物の値段)の3項目です。大きい数字が入ってくるので、見るからに辛そうな学生が必ず数名…気の毒ですが、日本での楽しいショッピングのため。トヨタやスズキの日本車買いたいでしょ?って言い聞かせましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国/会社は~です

文型「国/会社は~です」の導入です。(練習A5)

これは国籍職業を述べる文型で、下のイラストは順に「国」「うち(自宅)」「会社」を述べる例文になります。

 

 国はアメリカです 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 うちは大阪です 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 会社はIMCです 

 

疑問詞「どちら」

  • 出身国、所属の会社、学校、大学を尋ねる疑問詞は「どこ」でもよいが、「みんなの日本語」は丁寧な形「どちら」になっている。
  • 「わたしのお国は~」と言ってしまう学生がいるので注意する。
  • 「会社(大学)はどちらですか」の場合、①会社(大学)の所在地と、②会社(大学)名を尋ねる2種類があるが、「みんなの日本語」で扱う練習は②の会社名(大学名)のみ。

 

 お国はどちらですか 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

~は~の~です[物の生産国、会社/メーカー]

名詞を修飾する格助詞の「の」の導入です。(練習A6)

第2課で導入した所有、内容を示す「の」と同じですが、今回は物の生産国、会社(メーカー)を述べる「の」になります。

 

 これは日本の車です 
 これはトヨタの車です 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

 これはどこの車ですか 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

質問文は「どこの車ですか」ですが、解答は「イタリアの車」または「フェラーリの車」のどちらでもOKになります。(普通はフェラーリとすぐ答えるけど、たまに知らない学生がいる…)

 

~は〇〇円です

お金の導入です。(練習A7)楽しい項目。

 

 この鉛筆は50円です 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

 このノートは100円です 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

導入イラストには日本のお金のイラストまたは写真を入れると文化紹介もできます。実物(レアリア)がある場合はそのほうがいいですね。

念のためにお札に印刷された人物が誰なのか、図柄が何なのか復習しておいたほうがいいですね。えっ、誰だっけ…と恥をかく前に。でも、私、2千円札の実物を見たことがないかも…

現在の日本のお金の図柄

1万円札:福沢諭吉、鳳凰堂(平等院)
5千円札:樋口一葉、燕子花図(尾形光琳)
2千円札:守礼門、源氏物語絵巻、紫式部日記絵巻
千円札:野口英世、富士山と桜
500円:桐、竹、橘
100円:桜
50円:菊
10円:常盤木、平等院鳳凰堂・唐草
5円:稲穂、歯車、水、双葉
1円:若木

ちなみに、100円、50円硬貨の図柄の桜と菊ですが、いずれも法定の国花ではなく、事実上の国花だそう。てっきり桜だと思ってました。

 

買い物の会話を練習する活動には、100円均一で売っているおもちゃのお金を使うと楽しいです...が、40代以上の学習者がいるクラスではおもちゃのお金は控えたほうがいいかもしれません。ネクタイした昼間サラリーマンの学生が真面目な顔でおもちゃのお金を触ってるのはよろしくない。

 

疑問詞「いくら」

「だれ」「どなた」「どこ」「どちら」「何」に続く疑問詞「いくら」の導入です。

 この車はいくらですか 

日本語初級・第3課の教案とイラスト

ウケ狙いです。

でも、既出の数字だけでは回答できないので練習問題にはなりません。「いくらですか」の導入のみです。

 

100から9,999,999までの数字

あせらず、ゆっくりいきましょ。

100~999

日本語初級・第3課の教案とイラスト

1000~10000

日本語初級・第3課の教案とイラスト

10,001~9,999,999

日本語初級・第3課の教案とイラスト

 

数字の導入にはフラッシュカードを使うと効果的です。カードの無料ダウンロードはこちら

 

ここでの数字の導入は、あせらず、ゆっくりと時間をかけて行います。

一気に説明してしまうとパニックになる学生もいます。

海外の日本語学校の場合、学生は昼間は専門学校や大学で勉強していたり、会社勤めだったりします。昼間の仕事や勉強のあとに訳の分からない外国語(日本語)を学びに来ているのですから、忍耐力のいるとても大変なことです。

そんな疲れた体に鞭打って(?)日本語を学びに来ている学生たちに、ゼロをたくさん並べた数字の説明をうるさくするのは酷です。

教える側(教師)が余裕を持つことが大切です。
学生は必死になってゼロが並ぶ数字を頭の中で整理し、理解しようとしています。

 

みんな、日本語を勉強しようと思ってくれてありがとう。オバさんは嬉しいよ。(涙)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました