【日本語を教える】みんなの日本語・第5課の教案とイラスト(月日&誕生日)

「みんなの日本語」第5課(後半)の教え方です。ここでは、授業プラン(教案)と導入イラスト、クラス活動のアイデアなどを紹介していきます。

第5課は内容が濃いですよ。ここでは格助詞「と」([人]と行きます/1人で行きます)、「月日」、格助詞「に」([日時]に行きます)、誕生日を取り上げます。

いくつになっても、アラフォーになっても誕生日の話は盛り上がります。

[人]と行きます

格助詞「と」は行動を一緒に行う人を表します。(練習A3)

 

aさんがbさんとデパートへ行きます。

ミラーさんとデパートへ行きます。

 

ひとりでデパートへ行きます。

ウケ狙いです。ばっちりウケます。「独り」ではありません。「一人」です。
ミラーさん、小沢征爾のコンサートは結局誰と行ったんだろう?

 

 

疑問文「誰と?」

誰とデパートへ行きますか。

練習A3に「わたしはミラーさんと日本へ来ました」とあります。一体誰が?誰がミラーさんと日本に来たんだろう?

 

 [日時]に行きます

第4課では事柄が生じる時点を示す格助詞「に」を「時間+に」「曜日+に」で導入しました。

第5課では時間と曜日に加え、「月日+に」で導入します。(練習A、上半分)

 

 

5月16日にイタリアへ行きます。

4月に大学へ行きます。

 

「ー月ー日+に」の導入後は、復習を兼ね、「時間+に」「曜日+に」を確認しておきます。

9時に大学へ行きます。

9時に大学へ行きます。

火曜日(に)大学へ行きます。

火曜日(に)大学へ行きます

 

疑問詞「いつ?」

疑問詞「いつ」の導入です。「何時」「何曜日」「何月何日」と同様に時をたずねるときに使います。

疑問詞「いつ」に助詞の「に」は付かないことに注意しましょう。

 

まず、ミラーさんの紹介。

 

そして...

 

いつ日本へ来ましたか。

いつ大学へ行きますか。

 

時を表す表現+「に」のまとめ

 

上の例を見て分かるように、数字(9時、3月など)がある場合に「に」がつくと説明すると分かりやすいです。

他にも、「夏休み」「誕生日」といった時を表すことばにも「に」がつきます。

 

助詞のまとめ(簡潔版)

この課までに学習した助詞をここでまとめておきましょう。
また、復習として以下の例文を参考に1段落ぐらいの短い作文を書く練習をしてみましょう。

 

9時に大学へ自転車で行きます。

これに主題の助詞「は」(わたしは)を含めると、1つの文の中に学習済みの助詞が4つ含まれることになります。

 

誕生日はー月ー日です。

誕生日の話はいくつになっても盛り上がります。年齢の話は×ですが。(練習A、下半分)

 

私の誕生日は12月23日です。

自然に教師自身の誕生日を例に挙げちゃいますよね。

タイミングが合うと、後日学生からプレゼントをもらえちゃったりするんですが、お返しをしなきゃなーと思うと、嬉しいけどプレゼントは避けたいかも。気持ちだけで十分です♥

誕生日はいつですか。

誕生日はいつですか。

誕生日はいつですか。

 

簡単そうで、意外と難しいようです。

数字、日付の言い方に加え、日本語は年→月→日→曜日の順になることも忘れず確認です。

指導ポイント

「誕生日は何月何日ですか」も「いつですか」と同じ意味になる。

 

第6課の教案&イラストはこちらからどうぞ。

みんなの日本語・第6課の教案&イラスト:他動詞「~ます」の導入
一般的な日常生活について話すための動詞(食べる、飲む、見る、聞くなど)がたくさん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました