スポンサーリンク

日本語の教案&イラスト【やりもらい・授受表現】(みんなの日本語・第7課)

「やりもらい(授受表現)」の教え方、教案(例)と導入イラストです。「みんなの日本語」では第7課で導入される文型になります。

授受表現の試験では、解答用紙に物の移動を矢印で一生懸命書いて整理して考える学生もいます。ほんとに日本語のテスト?!って思うぐらい、何だか数学のテストみたいになっていて数字嫌いな私からすると気の毒です。

授業では徹底的に練習して、「やりもらい」に慣れて、「やりもらい」を使うたびに頭の中で母語に翻訳して考えるというようなことにならないようになってほしいですよね。

 

第7課の前半部分の教案、まだ見てない!という方はこちらから。

【日本語の教案】みんなの日本語・第7課|~で(道具・言語・手段)
...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「やりもらい」(授受表現)

「あげます」「もらいます」「くれます」「やります」「くださいます」「いただきます」「差し上げます」の7つの動詞は授受動詞と呼ばれます。

 

「みんなの日本語」では以下のとおり、3つの課に分けて導入します。

  • 第7課「あげます」「もらいます」
  • 第24課「くれます」
  • 第41課「やります」「くださいます」「いただきます」

    *「差し上げます」は中級で導入

[人]にあげます【授受表現】

まず、新出語彙で導入済みの「あげます」「もらいます」を以下のイラストで再度確認しましょう。

同一の状況でも、視点が変わると動詞が変わります。(イラストでは主語(視点)を赤丸で囲ってあります。)

「あげます」

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

「もらいます」

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

あげます

「あげます」は物の与え手に視点が置かれた文になります。(練習A4)

 

 わたしはサントスさんにプレゼントをあげます 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

 わたしはミラーさんに花をあげます 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

「あげます」の指導ポイント

  • 物の受け手を格助詞「に」で表します。
  • 「あげます」「貸します」「教えます」などの文で、物の受け手に「わたし(話し手)」は使えません。(×サントスさんはわたしにマンガを貸します。)
  • 新出語彙「貸します」「教えます」「送ります」「電話をかけます」も「あげます」と同じように使います。

 

 サントスさんはミラーさんにマンガを貸します 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

サントスさんの顔、大きすぎた―。怖いよ~

 

誰に

「あげます」を使った疑問文で、物の受け手が誰かを知りたいときは 「誰に」になります。

 

 誰にプレゼントをあげますか 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

 クリスマスに誰に何をあげますか 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

「クリスマスに誰にプレゼントをあげますか」という質問を学生に一人ずつしていきます。が、たまに「誰にもあげません」という盛り上がりに欠ける学生もいるので、動揺せずにうまく対処をしましょう。(宗教の問題が絡んでくるときもありますが。)

クリスマスの習慣がない国は、母の日、父の日などでもいいです。

 

[人]にもらいます【授受表現】

「もらいます」の導入です。ここではサントスさんが「わたし(話し手)」です。(練習A5)
(左の女性はみん日の登場人物ではありませんが、田中さんといいます。)

 

 わたしは田中さんにプレゼントをもらいます 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

「もらいます」の注意事項はたくさんあります。以下にまとめたものを確認しましょう。

 

「もらいます」の指導ポイント

  • 物の受け手を格助詞「に」で表します。
  • 「もらいます」を使った文で、物の与え手に「わたし(話し手)」は使えません。(×サントスさんはわたしにマンガをもらいます。)
  • 新出語彙「借ります」「ならいます」「電話をもらいます」も「もらいます」と同じように使います。
  • 「もらいます」を使った文で、物の与え手が人ではなく、何らかの機関や組織の場合は「から」を使います。(例:図書館からパンフレットをもらいます。)*ただし、この「から」の導入は、余裕のあるクラスだけでよいと思います。
  • 通常「もらいます」は、受け取って嬉しい物や感謝しているときに使います。「宿題をもらいました」というように使うと皮肉っぽくなってしまいます。

 

誰に

物の与え手が誰かを知りたいときは 「誰に」を使います。

 

 クリスマスに誰にプレゼントをもらいましたか 

授受表現(やりもらい)の教案とイラスト

 

あげます VS もらいます

日本語の授受表現どこに「視点」を置くかにより使う動詞が異なります。

初級前半のクラスでこの説明は特に必要ありませんが、「あげます」と「もらいます」の違いは?と言われたら、答えはズバリ、次のとおりです。

 

「あげます」…与え手が主語
 
「もらいます」…受け手が主語
 

 

両者とも主語の視点から述べた文になります。

 

同じ授受表現でも「くれます」は視点が異なります。「くれます」を取り上げる第24課の教案はこちらを参考にしてください。

みん日初級・第24課(教案)「あげます/もらいます/くれます」どう教える?
...

 

もう~ましたか

副詞「もう」「まだ」の導入です。(練習A6)

苦肉のイラストが怪しいですが通じるでしょうか。時計で時間を示し、分かりやすくしたつもりですが。

 

 もう昼ご飯を食べましたか 

みん日第7課の教案とイラスト

 

 はい、もう食べました 

みん日第7課の教案とイラスト

 

いいえ、まだです

 もう昼ご飯を食べましたか 
 いいえ、まだです 

みん日第7課の教案とイラスト

 

「いいえ、まだ食べていません」は初級後半(第21課)で導入します。

 

--

第8課(形用詞)の教案と導入イラストはこちらからどうぞ。

【第8課の教案】形容詞の導入~教え方の手引きと異なる手順で
...

その他の課の教案の検索にはこちらの早見表を使ってください。

初級文型一覧(「みんなの日本語」第1課~第25課)【教案とイラスト】
...

コメント

  1. 初めまして。
    私は日本語教師の勉強をしています。
    模擬授業で使うイラストを探してこちらのブログを見つけました。
    あげもらいのイラストなんですが、これはお借りできるのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. 先日イラストの使用を問い合わせたものです。
    使用できるのはダウンロードの分だけですね。
    失礼しました。
    こちらのを参考にして自作します。
    ありがとうございました。

    • 返信が遅れました。すみません。
      インターネットなどでの再配布はお断りしていますが、
      イラストを含め、授業で使用する分には制限はありません。
      まだまだ改善が必要ですが、ぜひ使ってやってください。