【日本語の教え方】みんなの日本語・第2課|教案&イラスト(指示語:これ・それ・あれ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
外国語 ~語

日本語コースの1週目で取りあげられる内容:指示語の「これ・それ・あれ」「これは~です」「これは~の~です」(内容を示す格助詞「の」)の導入例です。

「みんなの日本語」では第2課に当たる内容の教案(例)と導入イラストの紹介です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新出語彙の導入イラスト ~国名~

国名は余計な説明はせず、国旗のイラストを使って直入で導入します。

 

言語 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

皆さんは上の国旗がどこの国のものか分かりますか?私はアジア地域が怪しいです。授業では各国旗がどこの国のものなのかを覚えてから使用したほうが良いですね。恥をかきます。

 

語彙の導入について

基本的に、新出語彙の導入には、『絵教材CD-ROMブック』(スリーエ―ネットワーク)絵チャートを使いましょう。

教科書ばかりを見て練習するのではなく、学生は顔を上げ、前を向いて声に出して練習できるのが絵チャートです。顔が下に向いてしまっていると、口も下向き、喉は閉まり(?)、声があまり出ません。

 

みんなの日本語 初級I 第2版 絵教材CD-ROMブック(amazon)

 

 

下の投稿でも詳しく書いていますが、絵教材はぜひ利用してほしいですね。
ほとんどの新出語彙がこの『絵教材CD-ROMブック』に入っているのですが、無いものもあります。

例えば、上で紹介しているような国旗のイラストはありません。そんなときはこのブログ「日本語教師は見た!」で検索してみてください。

 

これは~です/これ・それ・あれ

指示語「これ、それ、あれ」の導入です。(練習A1&2)

学習者の母語によっては「それ」と「あれ」が同じ場合もありますが、ここでの指示語の導入はスムーズです。頭を抱える学生を見たことがありません。

 

 これは本です 

これは本です 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

日本語初級・第2課の教案とイラスト            日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

 指示語とは?
  • 「これ」話し手側にある物
  • 「それ」聞き手側にある物
  • 「あれ」話し手・聞き手の両者から遠いところにある物

 

これそれあれ 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

指示語を使った質問文

 それは本ですか 

 これは本ですか 
 はい、そうです 

そうです 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

答え方のバリエーションのまとめ

ここで答え方にはいくつか種類があることを例文で確認しておきましょう。

教科書の練習Bのパターンプラクティスでは例文と同じように解答することになりますが、現実は以下のどの方法で答えても間違いじゃありませんよね。答えは一つじゃない。

はい ➡

  1. はい、本です。
  2. はい、そうです。

いいえ ➡

  1. いいえ、本じゃありません。
  2. いいえ、〇〇です。
  3. いいえ、違います。

 

 いいえ、ちがいます 

いいえ 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

日本人の「いいえ」のジェスチャー(↑のイラスト)が他の国で通じるとも限りません。ここで日本語のジェスチャーや学習者の母国語のジェスチャーについて話しても面白いですよね。

 

疑問詞「何(なん)」

第1課で既に「何歳」が導入されていますから、理解に問題はありません。

同じ意味だけど発音が違う「何(なに)」がありますが、これらは次に来る音によって使い分けられています。「歳」の「さ」と「です」の「で」には「何(なん)」を使うということですね。「なにさい」とは言いません。

学生には「発音しやすいほうが使われているのよ~。”なにさい”は言いにくいでしょう~。」と説明すればいいでしょう。

 

 これは何ですか 

何ですか 日本語初級・第2課の教案とイラスト

せこいですが、イラスト再利用です。クエスチョン?の物にモザイクかけました。どんなシチュエーションか分かりませんが。

 

こちらのほうは実際の会話のように使えそうです。

これは何ですか 日本語初級・第2課の教案とイラスト


「これは何ですか」
クイズのように学生に問いかけます。今まで解答できた学生はいません。いつも盛り上がります。

 

そして解答のイメージはこちら。

箸置き 日本語初級・第2課の教案とイラスト

答えは箸置きですが、実物があるならそれを見せて文化紹介をすると最高ですね。

他にも日本独自の(変な)物を見せて、学生たちから「それは何ですか」をうまく引き出せたらこの文型の導入は成功ですね。

 

Aですか、Bですか(選択の疑問文)

2つの疑問文を並べ、どちらかを問う選択の疑問文の導入です。

 

 これは「い」ですか、「こ」ですか 

選択 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

この文型は教科書の練習Bにイラスト付きの練習問題がありますし、レアリア(生教材)を使って練習すると簡単です。

他にも教室にあるひらがな表を使って練習することもできます。例えば、「ほ」を指して、「『は』ですか、『ほ』ですか。」というように。

これは~の~です(内容を表す助詞「の」)

ここでは、あとに続く名詞の内容を表す格助詞「の」を導入します。(練習A3)

 

 これは英語の雑誌です 

英語の雑誌 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

内容を問う疑問詞「何の」

内容を問う疑問詞「何の」の導入です。

日本語の本、漢字の辞書、家の鍵というように、ここでもレアリアを使いましょう。

 

 これは何の本ですか 

何の本 日本語初級・第2課の教案とイラスト

 

導入のクラスにはインパクトを与えるレアリアが勿論いいのですが、第2課は小道具が多くなりがちです。小型のスーツケースをコロコロさせて出勤する先生もいますが、そんなに荷物の持ち運びはできない!という方、教卓の上がごちゃごちゃになって困る!という方は、PPTにイラストを貼り付け、手抜き教材でやってしまいしょう。

 

「みんなの日本語」第2課の後半(指示語「この・その・あの」)の教案とイラストはこちら。

【みんなの日本語】第2課の教案&イラスト|こそあど・指示語
...

その他の課の教案の検索にはこちらの早見表を使ってください。

初級文型一覧(「みんなの日本語」第1課~第25課)【教案とイラスト】
...

コメント